Tether 社の USDT に関する報道に関して

昨今、Tether 社が発行している USDT※ と同量の USD を保有していないのではないか
といった疑惑が浮上しており、ネットのニュース等でもこのような記事をよく見かけます。

※ USDT とは: Tether 社が発行している USD と等価値の通貨として仮想通貨取引に利用されているものです。

仮に事実であれば仮想通貨全体の価格にも影響が出ると考えられます。

しかし現在、Tether社に関しての情報は未確定なものが多く、弊社ではまだ確定的な情報を入手できておりません。

確度の高い情報を入手次第今後の対応等改めてご案内差し上げたいと考えております。

今後ともミスターエクスチェンジを宜しくお願いいたします。

Continue Reading

チャット機能終了のお知らせ

Mr. Exchangeをご利用いただきありがとうございます。
現在多くのお客様からお問い合わせをいただいており、普段よりも返信にお時間をいただいております。大変申し訳ございません。この度、弊社ではお問い合わせに関する業務効率化を目的とし、2018年2月7日(水)を持ちまして、サポート&お問い合わせページ上でのチャット機能を終了させて頂くことにしました。チャット機能からメールのサポートへ窓口をひとつにすることで、お客様からのお問い合わせに少しでも早く対応できるよう努めてまいります。

誠に勝手ではございますが、ご理解とご了承をいただきますようお願い致します。
現在当サポート&お問い合わせページからいただいているお問い合わせに関しましては、ご登録いただいているメールアドレス宛に弊社カスタマーサポートメールアドレス( support@mr.exchange )の方からご返信させていただきます。

また、引き続きお問い合わせをいただく際には同様に弊社カスタマーサポートメールアドレス( support@mr.exchange )の方にご連絡ください。
ご不便をおかけ致しますがご理解くださいませ。

ミスターエクスチェンジサポート
Continue Reading

仮想通貨を自分自身で守る方法

いつも Mr. Exchange をご利用いただきありがとうございます。
本日は弊社が取り扱う仮想通貨の内、XRP の資産をお客様ご自身で管理できる方法について説明させていただきます。

 

仮想通貨ウォレットと取引所の関係

世の中にはたくさんの仮想通貨が流通し取引されていますが、仮想通貨は基本的にウォレットと呼ばれるインターネット上の財布の中で管理します。
国内では仮想通貨を入手する際に取引所を介して購入することがほとんどですが、この場合購入した仮想通貨は取引所が管理している場合がほとんどです。
取引所内に仮想通貨を入れておくと簡単に別の通貨に交換することが出来ますし、いつでも法定通貨(日本円)にすることが出来ます。

但し、もし仮想通貨を購入してほったらかしにしてしまうと取引所にもしもの事が起こった場合に簡単に引き出せなくなるというリスクがあります。
ですがご自身で管理するよりも専門の取引所に管理されている方が安心だというお客様も多いので、メリットとデメリットをどちらも把握した上でご利用されることをおすすめします。

 

Mr. Exchangeではウォレットを生成し仮想通貨をご自身で管理できます

弊社では仮想通貨をお客様自身で管理できるサービスを用意しています。今回は XRP の管理の仕方とウォレットの仕組みについて説明します。

弊社では前述した一般的な取引所の仕組みと、ゲートウェイと呼ばれるお客様自身で資産を管理し取引ができる非中央集権型取引所(通称 DEX )の仕組みを用意しています。
前サービスである Mr. Ripple という仕組みがこのゲートウェイにあたります。

Mr. Ripple をご利用いただいていたお客様はすでに仮想通貨 XRP を現物で管理できる Ripple ウォレットをお持ちになっているかと思います。この XRP という資産はお客様の Ripple ウォレットに入っている限り、弊社の管理体制に関わらず XRP を守ることが出来ます。また、Mr. Exchange からご利用を始められたお客様に関してもお客様専用の Ripple ウォレットを作成することができます。

 

Mr. Exchange からご利用を始めたお客様の XRP の購入から管理の方法

お客様が保有している Ripple ウォレットアドレスに対し、Mr. Exchange に日本円入金し、その日本円で XRP を購入、Ripple ウォレットに送信する手順をご紹介します。

1.まずはサインイン後のメニューの [入出金] > [トレードウォレット] タブ > [銀行] タブより Mr. Exchange に日本円を入金します。(別の仮想通貨でももちろん可能ですがここでは日本円で説明しています)
振込人名義に表示されている番号をお忘れにならないようお気をつけ下さい。

 

2.入金された日本円で XRP を購入します。(トレードと両替という機能がありますが、メニューの [両替] での購入方法が簡単です。)
日本円( JPY )が入金された「 Mr. Exchange 」というウォレットと購入したい通貨(今回は XRP )を選択し、欲しいXRP の数量を入力したら「レートを取得」ボタンを押します。すると、その数量に必要な JPY (他の通貨を持っている場合、その通貨も表示されます) が表示されるので、そこをクリックしてパスワードを入力をする事で両替が完了します。

 

3.購入した XRP をお客様自身のウォレットアドレス宛に出金依頼をすれば完了です。
メニューの [入出金] > [トレードウォレット] タブ > [暗号通貨] タブ > タイプ [出金] を選択し、Ripple (XRP) を選んでから、ご自身の Ripple ウォレットアドレスに出金依頼を行って下さい。

 

上記の方法を行う事により、お客様ご自身の手で XRP を管理し守ることが出来ます。但し、ここで最も気をつけなければならないのはウォレットにアクセスするためのパスワードや、それぞれのウォレットが持っているシークレットキーと呼ばれる秘密鍵を紛失してしまうとウォレット内の XRP は誰にも動かせなくなってしまうという点です。

特に上記したシークレットキー(秘密鍵)と呼ばれるものは、ウォレット内にある資産を自由に動かせる権限そのものですので、もし紛失された場合は弊社でもシークレットキー(秘密鍵)を知る術はなく、また第三者にシークレットキー(秘密鍵)を見られてしまうと、その第三者でも資産を好きに動かせてしまうので管理には十分に気をつけてください。

 

ウォレットを管理するにあたって徹底していただきたい点

1.パスワードを設定する際、他のサービスで使っているものと同じものを使わないようにする。
2.シークレットキーはオンライン上には保管せず、オフライン上で保管する。(シークレットキーを紙で印刷し金庫に保管する方法はさらにセキュリティが高まります)
3.多段階認証設定をする。設定方法はこちら

 

 

最後になりますが私たちはお金は銀行が管理し預けておくという文化に育っているので、仮想通貨を自分自身で管理するというのは中々イメージが湧きづらいかもしれません。
しかし本来の仮想通貨のあるべき形は「他人に任せるのではなく自分で管理する」だと思います。
昨今、仮想通貨に纏わる前向きなニュースが流れたり、反対に悲しいニュースも報じられていますが、仮想通貨の技術や仕組みをしっかり理解することで、この技術がより社会に浸透し便利になっていくのではないかと弊社は考えています。

今回はXRPの管理方法についてでしたが、その他のコイン(ビットコインやイーサリアム等)も弊社サービス内でウォレットを生成することが出来、XRP同様にご自身で管理することが可能です。

上記の内容が少しでもお客様の役に立ち、また仮想通貨の仕組みの理解に繋がるものであればば幸いです。

 

 

補足: Mr. Exchange 上で Ripple ウォレットを生成する方法

Ripple ウォレットは Mr. Exchange で簡単に新規作成・読み込みすることが出来ます。サインイン後のメニューの [ウォレット] ページ右側にある、「新しくウォレットを生成する」「ウォレットを読み込む」というボタンからそれぞれ新規作成・読み込みが出来ます。

 

新しくウォレットを作成する場合は生成したいウォレットを選択し、(現在 Ripple, Bitcoin, Litecoin, Dogecoin, Augur(REP), Ethereum, Ethereum Classic ウォレットに対応しています) 名前をつけて生成ボタンを押し、パスワードを入力して下さい。

 

Ripple ウォレットの生成が完了すると以下のような、有効化されていない Ripple ウォレットが表示されます。こちらに 20 XRP 送ることで Ripple ウォレットが有効化されます。(この 20 XRP は Ripple ウォレットの仕様上決められた値です。)

有効化された Ripple ウォレットのシークレットキーはメニューの [設定] > [ウォレット] タブを開き、有効化された Ripple ウォレットの下部にあるカギのアイコンをクリックしてパスワードを入力すれば確認していただけます。このシークレットキーの管理は前述の通り、徹底していただければと思います。

Continue Reading

[追記あり]【重要】犯罪による収益移転防止法への対応に関わる重要なシステムアップデートについて

2018年2月5日リリース日に関する追記を行いました。

 

いつもMr. Exchangeをご利用いただき誠にありがとうございます。
近年、仮想通貨を利用したマネーロンダリングなどの事案が業界内で多発しております。
この度当社では、現在も対応させていただいている犯罪による収益移転防止法への対応を目的とした利用者様の取引時確認をより厳格化させるために、
2018年2月1日以降、以下の形で一部機能の制限を含めた機能アップデートをさせていただくこととさせていただきました。

■システムアップデートによる変更点
1. 認証の完了したお客様から順次住所確認書留郵便を送っていましたが、今後は住所登録をした時点で自動的に住所確認書留郵便を送付させていただきます。

2. 当サービス利用目的、ご職業、(外国人の方は)PEPs有無についてのアンケートについて、メールでの回答ではなくサイト内で回答が可能になります。

■JPY(日本円)の銀行口座への出金制限について
今まで日本円の出金ができていたお客様の中で、住所確認書類と本人確認書類の提出及び認証は完了しているが住所確認の書留郵便の受けとりをまだされていない方。また当社サービスの利用目的、ご職業、(外国人の方は)PEPs有無についてのアンケートにまだ回答いただけていない方につきましてはJPY(日本円)の銀行口座への出金を制限させていただきます。

■出金制限の解除について
1. 住所確認書留郵便を受け取っていただく必要がございます。住所確認書留郵便を受け取っていない方はsupport@mr.exchange宛てにその旨でご連絡ください。その際に件名に「住所確認書留郵便の件」と記載いただけるとスムーズに対応ができますので、ご協力していただきますようお願い致します。

2. 当サービス利用目的、ご職業、(外国人の方は)PEPs有無についてのアンケートにご回答いただいていない方は、あらかじめ以下URLにアクセスいただき、アンケートの回答をお願いします。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSc8prMA9KkLB0S_n1u1wFc-nzPxS-Wqm_YFh7YFxsf64lFYVg/viewform

■システムアップデートの時期
2018年2月5日(月)中
2018年2月7日(水)中

Continue Reading

取締役CTOの紫竹が『土曜もアサデス。』に生出演いたしました

2018年1月20日(土)に生放送された九州朝日放送の情報番組『土曜もアサデス。』(毎週土曜あさ9時30分〜11時25分)に当社 取締役CTOの紫竹が出演し、盛り上がりを見せる仮想通貨市場の現況と、そのリスクについて解説いたしました。

当社では今後も様々な情報発信を通じて仮想通貨の理解促進と普及に努めるとともに、さらなるサービス向上に取り組んでまいります。

Continue Reading

弊社カスタマーサポートセンター用のメール機能アップデートに関するご連絡

いつも Mr.Exchange をご利用いただきありがとうございます。

現在多くのお客様にお問合せをいただいており、引き続きいただいたお問合せに対するご対応に遅延が発生しております。ご迷惑をおかけして大変申し訳ございません。

この度、当カスタマーサポート業務をより円滑に行わせていただくために、弊社のメール機能のアップデートを行いました。

アップデートに際しまして、お客様にご利用いただいているメールシステムによっては、通常「返信」として処理されるはずの当社からのご連絡が「新規メール」として処理されることがございます。大変お手数ではございますが、当社からの返信が新規メールとして来ていないかご確認いただければと思います。

尚、当メールは返信不可でございますので、お問合せ事項が御座いましたら、弊社カスタマーサポートセンター問合せメールアドレス support@mr.exchange の方にご連絡いただきますようお願い申し上げます。

Continue Reading

REPの表示不具合について

REPの表示不具合についてのご案内です。

入出金ページの通貨の選択欄にREPが表示されている不具合がありましたが、弊社ではREPの入出金は受け付けておりません。

困惑されたお客様には大変ご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

尚、既にREPの入金、出金の依頼を出されていたお客様には随時返金の対応させていただきます。

 

 

Continue Reading

年末年始のカスタマーサポートについて

いつも Mr.Exchange をご利用いただきありがとうございます。
年末年始のカスタマーサポート(お問い合わせ対応と日本円入出金対応)についてご案内いたします。

【仮想通貨のトレード、両替、送信】

通常通りサービスをご利用いただくことが可能です。

【新規登録】

通常通りサービスをご利用いただくことが可能です。

【本人確認書類の審査】

2017年12月30日(土)から2018年1月3日(水)を休業日とさせていただきます。2017年12月30日(土)
までに完了していない書類の審査は2018年1月4日(木)より順次ご対応させていただきます。

【カスタマーサポート対応】

2017年12月30日(土)から2018年1月3日(水)を休業日とさせていただきます。期間中にいただいたお問い合わせ等に関しましても、対応が2018年1月4日(木)以降になりますため、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

【入出金(銀行入出金、トレードウォレットとMr.Wallet間の送金、外部ウォレット入出金など)】

弊社では入出金(銀行入出金、トレードウォレットとMr.Wallet間の送金、外部ウォレット入出金など)に関しまして、担当者による目視の確認を行なっております。12月30日(土)から1月3日(水)を休業日とさせていただきますので、12月30日(土)までに完了していない入出金のウォレット反映は1月4日(木)より順次ご対応させていただきます。

今後ともMr.Exchangeをよろしくお願いいたします。

Continue Reading

イーサリアムの入出金について

イーサリアムの入出金についてお知らせします。

数日前より、イーサリアムのブロックチェーン上のトランザクションが大変混雑しており、入出金が保留中という状態が続いております。(画像参照)

当社では、入金・出金の処理におきまして最大で3営業日頂いておりますが今回の混雑により
3営業日を超える恐れがあります。

お客様には多大なご迷惑をおかけいたしますが、ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

Continue Reading

仮想通貨交換業者への登録状況に関するお知らせ

2017年9月26日に福岡財務支局へ提出し、受理されております「仮想通貨交換業者の登録申請」は、2017年11月30日現在、「審査中」の段階にあることをお知らせいたします。

資金決済に関する法律(平成21年法律第59号)附則8条では、「その者がその期間内に同条の登録の申請をした場合において、その期間を経過したときは、その申請について登録又は登録の拒否の処分があるまで」の間、「新資金決済法第六十三条の二の規定にかかわらず、当該仮想通貨交換業を行うことができる」とされており、当社は引き続き、みなし登録業者としての業務を継続いたします。

金融庁による審査状況・結果については、判明次第速やかに当ウェブサイトにて開示致します。
当社は、引き続き仮想通貨交換業者として求められる内部管理体制を整備し、仮想通貨の普及やサービスの向上を目指し、お客様に安心してお取引していただけるよう取り組んで参ります。

Continue Reading