2019年5月7日以降のMr.Exchangeのサービス仕様変更について

お客様各位

いつも Mr. Exchange をご利用いただきましてありがとうございます。
弊社は2018年6月11日時点より返金業務のみを行なっておりました。
この度、お客様の資金をより円滑に返還するために、2019年5月7日午前0時00分頃をもちまして、弊社のホームページにおける出金及びその他サービスの仕様を変更いたします。
つきましては変更に伴うメンテナンスを行いますので、下記のサービスメンテナンス期間は弊社の全サービスをご利用いただけません。予めご了承いただけますようお願い申し上げます。

サービスメンテナンス期間

2019年5月4日0時00分頃〜2019年5月6日23時59分頃

変更後のサービスの仕様は下記の通りです。

サービス変更内容
1.出金のお手続きに関する変更点

現在、各通貨ごとに出金が可能となっておりますが、変更後は一回のお手続きで全ての通貨を出金することが可能となります。つきましては、保有されている各通貨の出金先のウォレットがないお客様はお早めにウォレットの準備をお願いいたします。
また、変更後の弊社のシステムを通じて「 Ripple ウォレット上の XRP 」を別のウォレットに送信(出金)することができなくなります。 Ripple ウォレット( Mr. wallet 残高)の「 XRP 」を別のウォレットへ送信(出金)することをご希望されるお客様は、弊社サービス上でウォレットの「シークレットキー(プライベートキー)」を取得された上で、そのキーを用いて別の Ripple ゲートウェイや Ripple ウォレットサービスから送信を行っていただくこととなります。予めご了承いただきますようお願いいたします。
Ripple ウォレットはお客様ご自身で管理していただくウォレットとなっております。Ripple ウォレットの「シークレットキー(プライベートキー)」を適切に保管していただくことで、他の Ripple ゲートウェイでも同様に Ripple ウォレットの機能(送信、受取など)をご利用いただくことが可能です。尚、引き続き変更後もウォレットのシークレットキー(プライベートキー)をサイト上から取得いただけます。

2.履歴の確認に関する変更点

現在の履歴の確認方法は、サインイン及び取引内容に応じて期間指定で確認することが可能でしたが、変更後のトレードウォレット( Mr. Exchange 残高)に関しましては、「入出金」「両替」「トレード」の全履歴を CSV データで確認することが可能となります。サインインの履歴に関しましても CSV のデータで確認が可能です。
また、Rippleウォレット( Mr. wallet 残高)に関しましては、お客様ご自身でお持ちの Ripple アドレスを使用し「XRP Charts」などで履歴の確認をお願いいたします。

3.「犯罪収益移転防止法に基づく追加情報の登録」及び「本人確認書類の提出」に関する変更点

現在は、メニューの「設定」より該当する回答を選択していただく、または書類のアップロードをしていただくだけで担当スタッフがお客様のアカウントの認証を行っております。変更後は、上記のお手続きを全てお客様からの「お問い合わせメール」で担当スタッフが対応いたします。つきましては、変更後、本人確認書類の承認を受けていないお客様が出金をご希望する場合はメールにてお問い合わせいただきますようお願いいたします。

登録申請取り下げ後も、出金のお手続きを行っていただくことで資金の返還とさせていただいております。出金のお手続きが完了していないお客様に関しましては、お早めにお手続きをお願い申し上げます。

You may also like