ANNOUNCING THE SCHEDULED GLOBAL FREEZE OF Mr. EXCHANGE’S RIPPLE GATEWAY(和訳あり)

Mr.Exchange: a Ripple gateway in Japan, will activate global freeze on June 11th, 2018.

[Fukuoka, Japan – May 10th, 2018] Mr.Exchange Inc. announces “Mr.Exchange (formerly known as Mr.Ripple)” a Ripple gateway service is scheduled to activate global freeze, which disables all trading and exchanging, effective on June 11th 2018 . Globally freeze will officially commence on June 11th, 2018. Afterwards, IOUs issued by Mr.Exchange can no longer be used to trade or exchange.to trade or exchange.

Mr.Exchange service will stop all trading and exchanging functions on June 11th, 2018. Accordingly, Mr.Exchange’s Ripple gateway will execute global freeze. After the global freeze, issued IOUs of Mr.Exchange (formerly known as Mr. Ripple) will not be available to trade or exchange. The remaining IOUs can only be sent back to Mr.Exchange’s issuer address: rB3gZey7VWHYRqJHLoHDEJXJ2pEPNieKiS.

After June 11th, 2018, Mr.Exchange (last name Mr.Ripple) IOU holders are required to contact us through email at support@mr.exchange to refund the amount of IOUs. Mr.Exchange support staff will guide users through this process. The refunding process could differ for each holder, depending on their condition in accordance with the Act on Prevention of Transfer of Criminal Proceeds in Japan.

Mr. Exchange is scheduled to stop all cryptocurrencies and fiat deposit operations as well as sign up function from 9th May, 2018.

The ceasing of our operations is due to Mr.Exchange’s Cryptocurrency Exchange Licence in Japan is still pending. Mr.Exchange plans to re-apply after a couple of months. However, Mr.Exchange’s IOUs will have less value due to global global freeze being set on June 11th, 2018. Mr. Exchange sincerely suggests all of our IOU holders to exchange the remaining IOUs into native XRP currency or IOUs issued by another gateway.

 

 

ー以下和訳ー

注:当案内は2018年5月1日に案内させていただいた内容を海外の当社発行IOUホルダーに向けて説明した内容となります。

Rippleゲートウェイの取引に関わる業務停止(グローバルフリーズ)のお知らせ

Rippleゲートウェイ業務を行なっているMr.Exchangeは2018年6月11日にRippleゲートウェイとしての取引に関わる業務を停止し、ゲートウェイ業務のグローバルフリーズ(*2)を実施します。

Rippleゲートウェイサービスを運営するMr.Exchange(旧Mr.Ripple)はグローバルフリーズを実施します。グローバルフリーズを実施した後は全ての取引、両替機能は利用不可になります。実施日は2018年6月11日です。その後当社発行のIOU自体の取引、両替ができなくなります。グローバルフリーズ後はMr.Exchange(旧Mr.Ripple)が発行したIOUは取引不可になり、残ったIOUはMr.Exchangeの発行元アドレス(rB3gZey7VWHYRqJHLoHDEJXJ2pEPNieKiS)に送り返すことしかできなくなります。

2018年6月11日以降、Mr.Exchange(旧Mr.Ripple)にご登録が無いお客様が保有している当社発行のIOU分の通貨の返却手続きは、当社カスタマーサポートセンターへEmailにてご連絡していただき、その後IOU返却の手続きを案内させていただく形で対応いたします。IOU返却手続きは保有している通貨や利用者の状況によって異なります。日本の犯罪収益移転防止法に即した手続きを取らせていただきます。

Mr.Exchangeは仮想通貨、法定通貨の入金とサインアップの機能を2018年5月9日に停止しております。

今回のお知らせ内容はMr.Exchangeが日本で仮想通貨交換業のライセンス取得の取り下げを行ったことに起因しております。当社は数ヶ月後には再申請を行うことを検討していますが、現在の当社発行IOUは2018年6月11日以降のグローバルフリーズに際して価値が大きく下がることが予想されますので、IOU保有者の方にはその日までに、IOUをXRPの現物に両替いただくか、他社が発行するIOUに両替していただくなどをしていただくことを推奨致します。

*1 「IOU」: Rippleネットワーク上で取引される貸与補償のこと。Rippleゲートウェイが発行する。
*2 「グローバルフリーズ」Rippleゲートウェイ業務を行うRippleゲートウェイが業務を停止する際に行う処理の一つで、当該措置を行うとゲートウェイが発行したIOUは発行元に返却する以外の取り扱いが不可になる。

You may also like