仮想通貨を自分自身で守る方法

いつも Mr. Exchange をご利用いただきありがとうございます。
本日は弊社が取り扱う仮想通貨の内、XRP の資産をお客様ご自身で管理できる方法について説明させていただきます。

 

仮想通貨ウォレットと取引所の関係

世の中にはたくさんの仮想通貨が流通し取引されていますが、仮想通貨は基本的にウォレットと呼ばれるインターネット上の財布の中で管理します。
国内では仮想通貨を入手する際に取引所を介して購入することがほとんどですが、この場合購入した仮想通貨は取引所が管理している場合がほとんどです。
取引所内に仮想通貨を入れておくと簡単に別の通貨に交換することが出来ますし、いつでも法定通貨(日本円)にすることが出来ます。

但し、もし仮想通貨を購入してほったらかしにしてしまうと取引所にもしもの事が起こった場合に簡単に引き出せなくなるというリスクがあります。
ですがご自身で管理するよりも専門の取引所に管理されている方が安心だというお客様も多いので、メリットとデメリットをどちらも把握した上でご利用されることをおすすめします。

 

Mr. Exchangeではウォレットを生成し仮想通貨をご自身で管理できます

弊社では仮想通貨をお客様自身で管理できるサービスを用意しています。今回は XRP の管理の仕方とウォレットの仕組みについて説明します。

弊社では前述した一般的な取引所の仕組みと、ゲートウェイと呼ばれるお客様自身で資産を管理し取引ができる非中央集権型取引所(通称 DEX )の仕組みを用意しています。
前サービスである Mr. Ripple という仕組みがこのゲートウェイにあたります。

Mr. Ripple をご利用いただいていたお客様はすでに仮想通貨 XRP を現物で管理できる Ripple ウォレットをお持ちになっているかと思います。この XRP という資産はお客様の Ripple ウォレットに入っている限り、弊社の管理体制に関わらず XRP を守ることが出来ます。また、Mr. Exchange からご利用を始められたお客様に関してもお客様専用の Ripple ウォレットを作成することができます。

 

Mr. Exchange からご利用を始めたお客様の XRP の購入から管理の方法

お客様が保有している Ripple ウォレットアドレスに対し、Mr. Exchange に日本円入金し、その日本円で XRP を購入、Ripple ウォレットに送信する手順をご紹介します。

1.まずはサインイン後のメニューの [入出金] > [トレードウォレット] タブ > [銀行] タブより Mr. Exchange に日本円を入金します。(別の仮想通貨でももちろん可能ですがここでは日本円で説明しています)
振込人名義に表示されている番号をお忘れにならないようお気をつけ下さい。

 

2.入金された日本円で XRP を購入します。(トレードと両替という機能がありますが、メニューの [両替] での購入方法が簡単です。)
日本円( JPY )が入金された「 Mr. Exchange 」というウォレットと購入したい通貨(今回は XRP )を選択し、欲しいXRP の数量を入力したら「レートを取得」ボタンを押します。すると、その数量に必要な JPY (他の通貨を持っている場合、その通貨も表示されます) が表示されるので、そこをクリックしてパスワードを入力をする事で両替が完了します。

 

3.購入した XRP をお客様自身のウォレットアドレス宛に出金依頼をすれば完了です。
メニューの [入出金] > [トレードウォレット] タブ > [暗号通貨] タブ > タイプ [出金] を選択し、Ripple (XRP) を選んでから、ご自身の Ripple ウォレットアドレスに出金依頼を行って下さい。

 

上記の方法を行う事により、お客様ご自身の手で XRP を管理し守ることが出来ます。但し、ここで最も気をつけなければならないのはウォレットにアクセスするためのパスワードや、それぞれのウォレットが持っているシークレットキーと呼ばれる秘密鍵を紛失してしまうとウォレット内の XRP は誰にも動かせなくなってしまうという点です。

特に上記したシークレットキー(秘密鍵)と呼ばれるものは、ウォレット内にある資産を自由に動かせる権限そのものですので、もし紛失された場合は弊社でもシークレットキー(秘密鍵)を知る術はなく、また第三者にシークレットキー(秘密鍵)を見られてしまうと、その第三者でも資産を好きに動かせてしまうので管理には十分に気をつけてください。

 

ウォレットを管理するにあたって徹底していただきたい点

1.パスワードを設定する際、他のサービスで使っているものと同じものを使わないようにする。
2.シークレットキーはオンライン上には保管せず、オフライン上で保管する。(シークレットキーを紙で印刷し金庫に保管する方法はさらにセキュリティが高まります)
3.多段階認証設定をする。設定方法はこちら

 

 

最後になりますが私たちはお金は銀行が管理し預けておくという文化に育っているので、仮想通貨を自分自身で管理するというのは中々イメージが湧きづらいかもしれません。
しかし本来の仮想通貨のあるべき形は「他人に任せるのではなく自分で管理する」だと思います。
昨今、仮想通貨に纏わる前向きなニュースが流れたり、反対に悲しいニュースも報じられていますが、仮想通貨の技術や仕組みをしっかり理解することで、この技術がより社会に浸透し便利になっていくのではないかと弊社は考えています。

今回はXRPの管理方法についてでしたが、その他のコイン(ビットコインやイーサリアム等)も弊社サービス内でウォレットを生成することが出来、XRP同様にご自身で管理することが可能です。

上記の内容が少しでもお客様の役に立ち、また仮想通貨の仕組みの理解に繋がるものであればば幸いです。

 

 

補足: Mr. Exchange 上で Ripple ウォレットを生成する方法

Ripple ウォレットは Mr. Exchange で簡単に新規作成・読み込みすることが出来ます。サインイン後のメニューの [ウォレット] ページ右側にある、「新しくウォレットを生成する」「ウォレットを読み込む」というボタンからそれぞれ新規作成・読み込みが出来ます。

 

新しくウォレットを作成する場合は生成したいウォレットを選択し、(現在 Ripple, Bitcoin, Litecoin, Dogecoin, Augur(REP), Ethereum, Ethereum Classic ウォレットに対応しています) 名前をつけて生成ボタンを押し、パスワードを入力して下さい。

 

Ripple ウォレットの生成が完了すると以下のような、有効化されていない Ripple ウォレットが表示されます。こちらに 20 XRP 送ることで Ripple ウォレットが有効化されます。(この 20 XRP は Ripple ウォレットの仕様上決められた値です。)

有効化された Ripple ウォレットのシークレットキーはメニューの [設定] > [ウォレット] タブを開き、有効化された Ripple ウォレットの下部にあるカギのアイコンをクリックしてパスワードを入力すれば確認していただけます。このシークレットキーの管理は前述の通り、徹底していただければと思います。

You may also like